• ホーム
  • 性行為で性病に感染する確率は?感染しやすい状況とは

性行為で性病に感染する確率は?感染しやすい状況とは

2020年04月23日

性病とは性感染症でうつる病気ですが、その種類はたくさんあり2つの種類の感染があります。感染する場所が性器ということで、性交渉を持たなければうつりません。次に体液に触れないとうつらない病気で、病原体は性器にはいなくても、血液・精液に存在しています。性交渉で分泌物に触れるような接触があればうつります。性病は性器に触れたり、分泌物に大量に触れたり蜜に接することがない限り感染しません。感染する確率は25歳以下で定期的に性交渉を行なっている人や、人生の中で1度でも性交渉を持ったことがある人・未婚の人や、複数のパートナーと共にしている人などが対象になります。また2ヶ月以内にパートナーが変わった人や、頻繁にインターネット上でパートナーと知り合う人もリスクがあります。たくさんの人と頻繁に性交渉を行うことで、リスクはうなぎのぼりに上がっていきます。既婚者でもオープン・マリッジと言われる開放型結婚とは、二人の間で平等な自由や主体性を基礎にして、開放的で真面目な人間関係を意味しています。

それぞれが結婚生活の中で独立していて成長できる権利を持っていて、言語や知性・情緒の上でも結び付き合う関係があります。開放型結婚の男女はその間で相手を操作できる対象となるような関係ではなく、どちらでも自分の無能・欲求不満を相手のせいにはしないということです。これによって結婚をしていながら、結婚相手とは違う人と性交渉を持つことができます。オープン・マリッジは特殊な関係ですが夫婦以外で、経験人数を増やすこともあります。性病に対する感染率は、夫婦以外の人とは性交渉を持たない場合と比べると格段に上がります。確率を一番低くする方法は、性交渉を持つときにコンドームを使用し、決まったパートナーと少ない回数をすることが推奨されています。感染率を上げるにはこれとは真逆のことを行えば、性病になりやすいと言えます。経験人数が増えれば増えるほど感染率も上がりますが、さらに体の免疫力が低下していることで状況が変わってきます。免疫力が低下していれば普段はかかり得ない性病にもかかる可能性が高まり、症状が出る期間も長くなります。できる限りパートナー以外との性交渉は避け、お互いに性病検査をしておくことが大切です。性病は特に潜伏期間があり、長期にわたって潜んでいることもあります。これにより感染源がどこであるか特定することが難しくなりますし、パートナー以外との性交渉などの行動に左右されます。頻繁にパートナーが変わりやすい人は、それだけ感染率が高まるので相手を定めておくことも必要です。完全に予防することも簡単なようで難しいですし、コンドームをしていても感染してしまう性病も存在しています。パートナーが複数いる場合は定期的に検査をすることも大切ですし、コンドームなどを装着することが推奨されています。オープン・マリッジもメリットがありますが、自己責任で性病には気をつける必要があります。