• ホーム
  • 免疫力の低下で感染するカンジダ症とは?

免疫力の低下で感染するカンジダ症とは?

2020年03月19日

カンジダは性交渉で感染するというよりは、免疫力が低下した時に常在菌の真菌が大量に発生することからなる病気です。特に妊娠している人や疲労・風邪などが原因で、免疫力が低下していたり、生理前などのホルモンの変化が見られる時にカンジダになりやすいです。フォルカンはフルコナゾールを有効成分とする、カンジダ治療に用いる抗真菌薬です。国内初の内服型であるカンジダ膣炎の治療薬である、フォルカンのジェネリック医薬品なのでリーズナブルな価格で購入することができます。真菌を殺菌する抗真菌薬で、真菌が原因であるカンジダに効力を発揮します。真菌はカビの一種ですが免疫力が落ちている人は真菌が消化器官・肺などの体の内部で異常発生することもあります。抗真菌薬なので細胞膜の生合成に対して阻害することもでき真菌を芯から殺菌していきます。カンジダ膣炎の治療には使われていて、アルゾール系の抗真菌薬になります。フォルカンのフルコナゾールは副作用が少ない方なので安心して使うことができますし、カンジダ属のクリプトコッカス族にも強い抗菌力を発揮することで知られています。使用方法は成人であればフルコナゾールとして1日1回経口服用することが望ましく、重症の場合は若干量が増えます。アレルギーを起こしやすい人や腎臓病などの持病がある人は、あらかじめ医師に伝えておく必要があります。特に妊娠中の女性や予定がある人は、薬の経口服用に対して医師に伝えます。

使用方法は決められた量を守り、腎臓の悪い人や恒例の人は薬の代謝が悪く、排泄も遅れがちになります。これによりあらかじめ摂取する量を少なめに設定し、慎重に用いることが望ましいです。適さないケースとしては腎臓病・肝臓病・心臓病などや、電解質異常・高齢の人が挙げられます。カンジダにかかりやすい場面は、特にストレスや疲労が溜まっているとき・風邪にかかっている時で、免疫力が下がっていることが言えます。併用が禁止されている薬では、併用することによってトリアゾラムの代謝が遅れるので副作用が強まっていきます。併用が禁止されている薬もありますが、睡眠薬のトリアゾラムは併用することによって、トリアゾラムの代謝を遅らせます。これにより副作用があり強まるので、注意が必要です。他のものと併用する場合は、効きすぎによって起こる出血へ注意する必要があります。その他では食べ合わせによって見合わせる薬もたくさんありますが、飲み合わせにより薬の作用が悪い影響を与えることが知られています。副作用が出やすくなるので、服用中である薬は見合わせて注意が必要です。その他にもストレスなどでの飲み合わせに注意が必要な人もたくさんいて、飲み合わせによって薬の副作用で大きな影響をもつこともあります。副作用が出やすくなるので、服用中の薬はできる限り医者に報告して、処方してもらうことが大切です。感染力は弱い疾患なので、治療を進めていくことが大切です。