• ホーム
  • ヘルペスに効果抜群なバルトレックスは通販で手に入る?

ヘルペスに効果抜群なバルトレックスは通販で手に入る?

2020年02月20日

バルトレックスはヘルペスウイルスの増殖を抑える薬ですが、単純疱疹や帯状疱疹・水疱瘡や性器ヘルペスの治療に用いられます。ウイルスは細菌とは違う微生物で、細菌よりも小さく、人や動物の細胞内で増殖する特徴があります。ヘルペスウイルスは複数の種類があり、皮膚や粘膜に小さな水ぶくれを作ることが大きな特徴です。単純ヘルペスウイルスや水疱瘡・帯状疱疹ウイルスが代表的ですが、単純疱疹や帯状疱疹にはウイルスが粘膜や皮膚の上で暴れることもあり、水ぶくれ発赤などができるので、刺激となって痛む病気です。バルトレックスはバラシクロビル塩酸塩を主成分とする、ヘルペスウイルスに効く抗ウイルス薬になります。バラシクロビル塩酸塩の効果により、ヘルペスウイルスの増殖を抑えて、ウイルスが少ない発症の初期段階で用いればさらに効果的です。病状が悪化するとかなり重篤な症状になりますが、初期治療によって病状の悪化は比較的簡単に抑えられますし、治療の期間も短くなります。バラシクロビル塩酸塩はウイルス感染細胞内で活性化しますが、ウイルスDNAの成長も停止させます。さらに複製を阻害するので、ウイルスが生存できない環境を提供します。

バルトレックスは拡散類自体の抗ヘルペスウイルス薬ですが、アシクロビルのプロドラッグで体内の抗ウイルス作用を持っているアシクロビルに変換されることで、効果を発揮しています。バルトレックスはとても吸収力のある薬なので、使用方法は1日1?3回の服用で、第2世代抗ウイルス薬とも呼ばれます。購入先は医薬品@デパートやネット総合病院などの通販で購入することができます。飲み合わせによって副作用が出やすくなるので、痛風の薬や胃薬のシメチジン・免疫抑制薬のセルセプトや、喘息の薬であるテオフィリンなどとの併用はしないようにします。また腎臓が悪い人・高齢者は薬の排出が遅れ、体内に残りやすくなるので、精神変調や精神障害を起こす可能性もあります。服用間隔をあけるなどの医師の判断に従い、安全に使用方法を守り服用していきます。副作用は比較的少ない方ですが、下痢や吐き気など胃腸に症状が出ます。皮膚症状で発疹が出たり、眠気やめまい・頭痛などの症状もあります。血中濃度が必要以上の上昇すれば、精神神経症状も出やすくなるので、意識低下や妄想・痙攣や幻覚などという症状が予想されます。腎臓に疾患がある人や腎機能が低下している高齢者は特に注意が必要で、医師の指示に従います。購入先は医薬品@デパート、ネット総合病院などの通販で購入可能なので比較的簡単に入手できます。口唇ヘルペスや性器ヘルペスは単純ヘルペスウイルスによるものですが、口唇ヘルペスは通常風邪をひいた時など、免疫力が落ちている時に発生します。稀にこのウイルスで角膜炎や脳炎を引き起こすこともあるので、経過を見ます。年齢を重ねて体の抵抗力も自然に弱ってくると、再びウイルスが増えることもあります。