• ホーム
  • トリコモナスの治療薬といえば「フラジール」

トリコモナスの治療薬といえば「フラジール」

2019年12月23日
考えている女性

トリコモナスの治療薬として用いられるフラジールは、メトロニダゾールを主成分とする殺虫効果の高い薬です。あんしん通販マートや医薬品@デパートの通販で買うことができ、原虫や細菌を駆除することが目的です。特にトリコモナス症は女性に多い症状で、膣や尿道などに寄生虫の一種である原虫が感染し起こる疾患になります。症状は外陰部の激しいかゆみや、痛み・排尿時の不快感などが挙げられますし、おりものが泡立ったり増えることもあり色も黄緑色になることがあります。効果はメトロニダゾールが成分のフラジールは、抗トリコモナスの薬で、原虫に対して殺虫効果があり、しつこい原虫を駆除します。これがいなくなることで、嫌な不快感もなくなり、トリコモナスの他にも嫌気性菌などの細菌性の物にも有効とされます。微生物の中でも特に還元されているニトロソ化合物に変化することで、原虫のDNA合成を阻害するので抗原虫・抗菌作用を発揮します。反応が途中になる効果のフリーラジカルも生成されるので、微生物のDNAの二重鎖担っている部分を切断して機能障害を起こすことができます。これで分裂増殖を抑える働きがあると考えられ、一般的な抗生物質とは少し効き方が違います。原虫や嫌気性菌に特に効果的であることが大きな特徴で、昔からトリコモナス症へ第一に選択される特効薬の位置付けです。あんしん通販マートや医薬品@デパートで通販として購入することができますが、内服錠をはじめとし膣に直接効果がある膣錠も存在しています。

使用方法は成人でメトロニダゾールとして、1クールを1回250mgで1日2回経口服用します。また服用期間は10日間でそれ以上でもそれ以下でもなく、用量を守ります。フラジールの使用方法にあたって、耐性菌の発現などを防ぐ目的で原則としては感受性を確認する必要があります。疾病の治療に必要な最小限の服用期間に止めることが大切で、副作用などのリスクを避けることができます。副作用は比較的少ない方で、食欲不振や胃の不快感・吐き気・嘔吐などをもよおすことがあります。軽い症状であることが多いですが、もし血便がみられたり何回も下痢が続いたり、腹痛があるときはすぐに病院へ行き受診することが必要です。特に重篤な不作用がないですが、大量だったり長期的に服用するときは末梢神経障害・中枢神経障害を起こしやすくなり、手足がしびれたり、ピリピリとした感触が現れます。呂律が回らなくなったりふらつくこともあり、意識障害になるケースもあるので医師と相談をしながら進めます。痙攣を起こしやすい体質の人は特に痙攣発作が起こりやすくなるので注意が必要です。妊娠中の服用は特に必要で医師からの指示かある場合を除き、できるだけ控えることが望ましく、特に妊娠初期である3ヶ月以内は避けるようにします。食生活の面では服用しながら飲酒をすることが望ましくなく、薬の影響でアルコールに特に弱くなるケースも見られます。このことから悪酔いし、お酒に元から強い人でも吐き気や嘔吐・顔が真っ赤になるなど激しい症状を起こすこともあります。