• ホーム
  • クラミジア治療にはジスロマックを使おう!

クラミジア治療にはジスロマックを使おう!

2020年01月25日

クラミジアに効果があるアジスロマイシンはジスロマックのジェネリック医薬品で、個人輸入代行の通販で購入することができます。あんしん通販マートで買うことができ、マクロライド系の新しい抗生物質として扱われています。クラミジア以外でも肺炎球菌などのグラム陽性菌や、インフルエンザ・百日咳などのグラム陰性菌や嫌気性菌・マイコプラズマにも有効です。個人輸入代行の通販であんしん通販マートで購入することが可能で、従来品と比較するとさらに抗菌活性作用に優れています。効き目が悪い時は耐性菌が増えているため、間隔をあけて服用する必要があります。アジスロマイシンの特徴でもある胃酸によって送る不活化はほとんど受けませんが、体内によく吸収されます。感染部位によって組織内濃度を得ることができ、血中半減期は時間とともに延長していきます。使用方法は1日1回3日間服用をし、既存の似た薬を7?14日間使用した場合と同じ効果が得られるのが特徴です。ジスロマックのジェネリックですが、一番の特徴は一般的な抗生物質でも聞かない否定型菌であるマイコプラズマ・クラミジアにも有効なことが挙げられます。アレルギーを起こすことがないので、アジーなどペニシリン系やセフェム系の抗生物質でアレルギーが出る人の代替として使うことができます。

薬物間の相互作用も心配が少ないため、安心して使うことが可能ですし、1回飲みきりタイプや小児カプセルなどの顆粒など様々な形態で取り扱われています。副作用は少ない方で、少数例ですが吐き気や胃に不快感があったり、胃の痛みを訴えることがあります。下痢などの胃腸症状が多く、幼児であれば下痢を起こすこともあるので注意が必要です。軽症であれば全く心配はないですが、症状が続く時はできるだけ早めに医師に相談することが大切になります。使用方法はアジーなど1日1回を3日間続けるだけで、発疹とともに口内がただれたり、水ぶくれ・目の充血や発熱などの症状が現れることもあります。皮膚粘膜眼症候群という重篤な皮膚への症状が進展することもあるので、重い副作用が出た時は使用を中止し受診します。不整脈や肝障害・血液障害や大腸炎などの報告もあり、稀な副作用とされていますが作用時間が長いため服用期間が終了した後に出ることもあります。ジスロマックは2000mgの大容量を1回服用するだけで90%の感染が治るという、画期的な薬で海外でもよく使われているのが特徴です。ジスロマックは幼児はもちろんのこと胎児にも影響がないということで、妊婦も使用することができます。腸から血液に入ることで、白血球に取り込まれて1?2週間体内で循環します。クラミジア感染細胞の近くで放散されるので、できるだけ多くの薬を1回に入れることがポイントです。同じ量でも複数回に分けて服用すれば効果の出方が全く変わるので、決められた容量と服用日数を守ることが効果を出す注意点になります。