危険なウィルス

トリコモナスの感染経路は主に性行為からですが、下着やタオル・公共のトイレの便器についている便座やウォッシュレット・浴槽からの感染もあります。性行為をしたことがない女性や幼児にも感染することがあります。性行為が感染経路になる場合は、膣トリコモナス原虫が子宮頸管や膣に寄生することから始まります。感染源は性病によく見られるウイルスや真菌ではなく、原虫なので性行為以外でも移ることがあります。男性には症状があまりないのですが、稀に尿道炎の症状が出る場合があり、排尿時に膿が出てきたり、軽い痛みが出てきます。女性は膣だけにとどまらず子宮頸管や、膀胱・尿道という広範囲に感染します。おりものは泡状になり強い悪臭が放つので異常にすぐ気がつきますし、膣や外陰部に強いかゆみが現れます。外部がただれて排尿の時にヒリヒリすることもあります。その中で症状がない人は20?50%もいて、気がつかずに治療をすることなく症状が悪化することが知られています。それにより炎症が静かに卵管まで進み癒着することで、不妊症や流産・早産を招く原因になります。

トリコモナスの原虫は0.1㎜くらいの大きさで、感染することで膣や膀胱に炎症が起こります。特に若年層から中高年まで幅広い年齢層に感染する可能性があり、下着やバスタオル・バスルームを始め公共のトイレの便座やウォッシュレットなどでも感染経路になります。トリコモナス原虫に感染している人は自覚症状がない人もいますが、半年以内に症状が出始め泡状の悪臭を放つおりものが出たりします。それでも症状が現れない女性は、気がつかないまま炎症が卵管までに到達し、不妊症や早産・流産の可能性があります。膣内のトリコモナス原虫が性行為を通して男性に感染すれば、尿道炎の症状が起こり排尿痛や性器の先から膿が出ることも知られています。しかし男性の場合は自覚症状があまりないので、トリコモナス症状が陰部の先だけであれば、本人が気がつかないまま排尿によって自然に原虫が洗い流されることもあります。男性には症状が出にくいので、パートナーである女性が治療を行い完治しても男性側が感染して、症状がなければピンポン感染になる可能性が大きいです。トリコモナスの症状があるときに性行為を行う機会があれば、コンドームの着用をすることによってある程度防ぐことができます。コンドームは尿道などの症状がある部分を覆うので、直接粘膜が触れ合うこともありません。

コンドームは市販で購入することができますが、女性の場合はトリコモナスに感染することで痛みを伴うことも多いので性行為は行わない方が良いとされます。方が良いとされます。トリコモナスは他の性感染症に比べておりものやかゆみが強く現れ、日常生活に支障をきたすこともあります。健康な女性の膣内は常に細菌が膣の粘膜細胞内にある糖分を乳酸にし、膣内を適度な賛成に保っています。これにより膣内に悪性の菌が侵入したり、繁殖することを防ぐことができます。トリコモナスがこのグリコーゲンを好んで栄養源にするので、全て消費してしまい膣内を清潔に保つ菌が減少していきます。これにより乳酸が減少し、膣内の酸性度も上がっていくので悪臭の原因菌が自由になり増え続ける結果になります。女性へトリコモナスが性行為を通して男性に感染すれば、尿道炎などの軽い排尿痛やかゆみ・性器から膿が出る症状があります。自覚症状はほぼないですし、感染先が尿道に限定されるときは排尿で原虫が洗い流されるというメリットも考えられます。感染した可能性がある場合は本人だけではなく、パートナーの男性もしっかりと検査してもらう必要があります。